〈まとめてオフ〉クラシック・タワーレコード企画盤742タイトル 3点で20%オフ

 

2020年は、ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの生誕250年です。

1770年12月、現在ドイツのボンに生まれ、1827年3月、ウィーンで亡くなりました。享年56才。

ベートーヴェンは、まさに音楽界の革命児でした。

それまでの音楽家は、宮廷や貴族、教会に仕え、生活していました。作曲する曲もそれぞれの要望に応じたものです。

しかし、ベートーヴェンは、初めてフリーランスとして自立した音楽家として、自分の作りたい曲を創造していった作曲家です。

もちろん、プロの作曲家として客からの依頼に応じて作曲もしましたが、少なくてもベートーヴェンの根幹をなす交響曲が、自分の意志による創作です。

そして自分でコンサートを企画し、会場を借り、オーケストラを雇い、客を集めて初演を行いました。

だから金銭的にもかなりシビアな人だったようです。

中学校の音楽室などに行くともじゃもじゃ頭のしかめっ面したベートーヴェンの肖像画が掲げられていることが多く、そのイメージから偏屈な正確に思われがちです。

しかし、ピアノ教師として良家のお嬢様たちと仲良くなったり慕われたりして、特に女性に嫌われるタイプでもなく、ピアノの上手い好青年だったと思います。

一方、作曲家として致命的な耳の疾患を抱えながらも、それを克服して創作活動を続けた鋼鉄に意志を持った人間でもありました。

ベートーヴェンが亡くなった時は、ウィーンの多くの市民は嘆き悲しんだとされていますので、生前もかなり成功した作曲家だったと思います。

ただ、破天荒な生活と不器用で短気だったことから多少奇人的に見られていたようでもあります。

ベートーヴェンというと敷居が高いと感じる人もいると思いますが、わかりやすい音楽を作った人です。

ぜひ、ベートーヴェンの創作活動の中心をなす交響曲を魅力を知って、人生の楽しみの一つにしてみてはいかがでしょうか?

このサイトで少しでもお手伝いできれば幸いです。

 

ベートーヴェン 交響曲全集 おすすめ

アメリカのビジネス関係のジャーナリストで、ウォール街のトップたちから本音を聞き出すには、シェークスピア全集とベートーヴェンの交響曲全集くらいには精通しておいた方が良いと言われています。 

また世界のビジネスサロン界においては、クラシック音楽への造詣の深さが非常に役立つそうです。

ビジネスツールとして活用した人はご自由にと思いますが、

ベートーヴェンの交響曲は、多くの指揮者やオーケストラにとって表現の場で、指揮者の解釈によっては、全く別の曲を聴くように感じることもあります。

ベートーヴェンの交響曲というと、なんか敷居が高く感じますが、演奏時間も適度で分かりやすいフレーズも多いので、2,3回聴けばかなり親しみを感じてきます。

そして、なんとなく分かるようになったら、ぜひ、いろんな指揮者の演奏も聴いてその表現の多彩さを楽しんでください。

ここでは、タワーレコードオンラインのおすすめトップ10をご案内します。

※なおこの情報は、2021年4月3日時点のものです。

第1位
ロリン・マゼール アルトゥーロ・トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団

マゼール+トスカニーニ・フィル
ベートーヴェン:交響曲全集2008ライヴ

ロリン・マゼール アルトゥーロ・トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団

マリア・ルイジア・ボルシ(ソプラノ)
エレーナ・ジドコヴァ(メゾ・ソプラノ)
マリウス・ブレンチウ(テノール)
ラファエル・シヴェク(バス)
フランチェスコ・チレア合唱団(ブルーノ・ティロッタ指揮)

トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団
ロリン・マゼール(指揮)

マゼール+トスカニーニ・フィル
ベートーヴェン:交響曲全集2008ライヴ!

かのゲーテがここを訪れた際に「ここからの景色は世界一の美しさ」と賞賛した、シチリア最大の名所タルミーナのギリシャ劇場。
マゼールはここで2008年の夏に一気にベートーヴェン・ツィクルスを展開し大きな話題となりました。巨匠にとってベートーヴェン全集はクリーヴランド管との1970年代のソニー盤のみ。

アンサンブルを強烈に締め付け、トスカニーニ張りの力瘤が盛上るような元気なベートーヴェン。
やたらと早いテンポですっ飛ばしたり、対旋律の意識的な強調等。

一筋縄ではいかない鬼才ぶりを発揮しております。
自信、確信に満ちた巨匠らしい巨匠としての他との格の違いをマザマザと見せつけます。

野外公演ながらヨーロッパ好みの完璧なマルチマイク収録であり、隅々まで明瞭で眼の前で演奏してくれているかのよう。

お相手はトスカニーニ交響楽団です。来日公演ではトスカニーニ・フィルの名称も使われました。トスカニーニ交響楽団は2002年にパルマにて創設された若いオーケストラ。
デビューコンサートも指揮した巨匠マゼールは2004年から音楽監督を務めて鍛えぬき、ヨーロッパでも有数のアンサンブルに成長。2005年、2007年は来日公演も敢行しました。

第2位
フランツ・コンヴィチュニー ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

フランツ・コンヴィチュニー ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

インゲボルク・ヴェングロル(ソプラノ)
ウルズラ・ゾレンコップ(アルト)、
ハンス=ヨアヒム・ロッチェ(テノール)
テオ・アダム(バス)
ライプツィヒ放送合唱団、(合唱指揮:ディートリッヒ・クノーテ)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
フランツ・コンヴィチュニー(指揮)

“この交響曲全集はベートーヴェン・イヤーでの、最も重要で輝かしい演奏の再発売である。質実剛健、古典の極みであり、音譜そのものが語りかけてくるような自然さに溢れている。また、オーケストラの素晴らしい響きは、適切な言葉が見いだせないほどである。単に郷愁を誘うだけではなく、ベートーヴェンが生きていた時代の空気を現代に蘇らせたような新鮮さは、もはや神域であろう。何度も繰り返し聴き、心の栄養にしたい。 平林直哉(音楽評論家)“

第3位
ユッカ=ペッカ・サラステ ケルンWDR交響楽団

ユッカ=ペッカ・サラステ ケルンWDR交響楽団

ラウラ・アイキン(ソプラノ)、
インゲボルク・ダンツ(アルト)、
マクシミリアン・シュミット(テノール)、
タレク・ナズミ(バス)、
北ドイツ放送合唱団、ケルン放送合唱団

ケルンWDR交響楽団
ユッカ=ペッカ・サラステ(指揮)

予想以上の素晴らしさ、
サラステによる21世紀ベートーヴェン像の誕生!

ブラームスの交響曲全集セットが好評だったサラステ。彼がそのシリーズの次に行なったベートーヴェン交響曲全曲シリーズがいきなりBoxで発売されます。2017年11月下旬と2018年2月下旬~3月初旬のライヴという最新録音ながらお買い得価格での大盤振舞い。

注目は、指示のない第9以外、第1楽章提示部の繰り返しをすべて守っていること。ライヴでの繰り返しは珍しいと申せましょう。それでありながら決して長く感じさせず、むしろスピーディであっという間に聴かせてしまいます。また重苦しさ皆無で、常に透明で明快な音世界が繰り広げます。にもかかわらずベートーヴェン音楽の素晴らしさを存分に満喫することができる、まさに21世紀的ベートーヴェン像の誕生です。
キングインターナショナル


第4位
マレク・ヤノフスキ ケルンWDR交響楽団 

マレク・ヤノフスキ ケルンWDR交響楽団

レジーネ・ハングラー(ソプラノ)、
ウィープケ・レームクール(メゾ・ソプラノ)、
クリスティアン・エルスナー(テノール)、
アンドレアス・バウアー・カナバス(バス)
NDR合唱団、ケルン放送合唱団

ケルンWDR交響楽団(ケルン放送交響楽団)
マレク・ヤノフスキ(指揮)

2020年のベートーヴェン生誕250周年を記念してPENTATONEレーベルより強力盤の登場。巨匠マレク・ヤノフスキ率いるケルンWDR交響楽団(ケルン放送交響楽団)による交響曲全集がリリースされます!すでに第5番「運命」&第6番「田園」(KKC 6108 / PTC 5186809)は単売でリリースされておりますが、その他の作品はこのセットにて初登場です。当録音は2018年10月から2019年11月にかけて、当団の本拠地ケルン・フィルハーモニーにて収録されました。

期待に胸を膨らませてしまうヤノフスキによるベートーヴェンの交響曲全曲録音はひとつの完成形といえる充実の録音。丹念に練り上げたこの演奏には全交響曲を聴くことによって見えてくる世界が広がります。ベートーヴェンのアニヴァーサリー・イヤー最大の注目録音がお買い得なセットでリリースされます!
キングインターナショナル

第5位
カール・ベーム ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

カール・ベーム ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

ギネス・ジョーンズ(Sp)
タティアナ・トロヤノス(Ms)
ジェス・トーマス(T)
カール・リッダーブッシュ(Bs)
ウィーン国立歌劇場合唱団

カール・ベーム(指揮) 
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

オーソドックスながら聴くほどに味わい深く感じられる名演

ベームによるベートーヴェンの交響曲全集。いずれも1970年代前半にウィーン・フィルとともに録音されたもので、常に作品自体を見抜いて客観的な基準に立って楽譜を見直すベーム。
現代オーケストラにより極めてオーソドックスなベートーヴェン像ながら、聴くほどに味わい深く感じられる名演です。

第6位
ジョヴァンニ・アントニーニ バーゼル室内管弦楽団

ジョヴァンニ・アントニーニ バーゼル室内管弦楽団

レグラ・ミューレマン(ソプラノ)
マリー・クロード・シャピュイ(メゾ・ソプラノ)
マクシミリアン・シュミット(テノール)
トーマス・E・バウアー(バリトン)
ヴロツワフ・フィルハーモニー合唱団

バーゼル室内管弦楽団
ジョヴァンニ・アントニーニ(指揮)

ジョヴァンニ・アントニーニとバーゼル室内管弦楽団が、2つのレーベルを跨いで作曲年代順に12年をかけてじっくりと進めてきたベートーヴェンの交響曲全曲録音の待望のボックス・セット化が実現します。これは快挙!

リコーダー奏者で、イタリアの古楽オーケストラ「イル・ジャルディーノ・アルモニコ」の創設者でもあるアントニーニは、バロック音楽を中心に斬新な演奏を続けてきましたが、2000年代に入ってからは指揮者としての活動にも重点を置き、レパートリーをバロック以後の古典派にも拡大。
2015/16年シーズンからは客演指揮者の任にあるバーゼル室内管とのベートーヴェン交響曲全曲録音は、2004年11月録音の第1番でスタートし、翌年録音された第2番とのカップリングによる第1弾がドイツのOehms Classicsで発売され、目を見張るように鮮やかでドラマティックな起伏に溢れた解釈によって日本ではベスト・セラーになりました。
2006年録音の第3番「英雄」以降はソニー・クラシカルにレーベルを変え、ほぼ1年に1曲セッション録音する、というスローペースでじっくりと進められ、2012年録音の第8番から4年を置いて2016年に収録された第9番「合唱」で堂々たる完結をむかえました。


第7位
ヘルベルト・ブロムシュテット 、 シュターツカペレ・ドレスデン

ヘルベルト・ブロムシュテット シュターツカペレ・ドレスデン

ヘレーナ・ドゥーゼ(ソプラノ)、
マルガ・シルム(アルト)、
ペーター・シュライアー(テノール)、
テオ・アダム(バス・バリトン)
ライプツィヒ放送合唱団、
ドレスデン国立歌劇場合唱団

シュターツカペレ・ドレスデン
ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)

1975年から80年にかけて、アナログ録音の最盛期に収録された名盤中の名盤が遂にSACD化!最新技術で、良質な本国のアナログ・マスターテープからダイレクトにDSD化(SACD層)、96kHz/24bitでハイレゾPCM化(CD層。後に44.1kHz/16bit化)を行い、極力アナログ・マスターテープの音質を損なわずに製品化を行いました。

特にこの盤はテープの状態も良く、かつての黄金の響きが十全に再現されています。
SACD化による効果も抜群で、クラウス・シュトリューベンによる名録音と言われた音質を最大限堪能できる出来です。
これまでにないクオリティで、かつての名演をお楽しみください。

旧東独時代の素晴らしい遺産とも言えるこの演奏は、数あるベートーヴェンの交響曲全集録音の中でも特別の位置を占めており、淀みない流れのテンポ感や自然なアーティキュレーション、名手を含むオケのレベルの高さ、そして、それを束ねるブロムシュテットの手腕の高さが東独における伝統的なベートーヴェン像と相まって、リリース以来多くのファンを獲得してきました。

ブロムシュテットは録音当時47歳から52歳であり、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者(1975-85)の地位にありました。就任して間もなくの第7番から、1980年の第9番まで、ほぼ一律で水準が安定しているのは驚くべきことです。
ブロムシュテットは当時から生き生きとして格調が高く明確な表現を行っており、90歳を超えた現在でもその指揮振りは健在です。2014年から17年にかけてゲヴァントハウス管と収録した2度目のベートーヴェン:交響曲全集も高い評価を得ています。
尚、今回の録音日のデータは、本国のアナログ・マスターテープの外箱に記入されていた日付を参照しています。この外箱には、マスターテープがいつ貸し出されたかも日付と共に都度列記されており、その結果、再生回数がそれぞれ少ないことも今回の音質に影響していると思われます。

第8位
ウィリアム・スタインバーグ ピッツバーグ交響楽団

ウィリアム・スタインバーグ ピッツバーグ交響楽団

エラ・リー(ソプラノ)
ヨアンナ・シモンズ(メッゾ・ソプラノ)
リチャード・ニーズ(テノール)
トーマス・ポール(バス)
ピッツバーグ・メンデルスゾーン合唱団

ピッツバーグ交響楽団
ウィリアム・スタインバーグ(指揮)

スタインバーグの"幻の名盤"、DGより初CD化

ウィリアム・スタインバーグとピッツバーグ交響楽団は1952年に35ミリ・マグネティック・フィルムによるベートーヴェン交響曲全曲録音を始めました。
スタインバーグのベートーヴェンに対する真面目で控えめなアプローチは批評家に温かく受け入れられ、作品自身に語らせる指揮者として高く評価されました。
しかしLPとして名盤とされながら、なかなかCD化の機会に恵まれませんでした。
今回ドイツ・グラモフォンからの初めてのCDとして、1960年代にCommand Classicsに録音されたスタインバーグのベートーヴェン交響曲ツィクルスが発売されます。CD5枚組BOX。

ウィリアム・スタインバーグは1899年、ケルン生まれ。NBC交響楽団でアルトゥーロ・トスカニーニのアシスタントを務めた後、1952年にピッツバーグ交響楽団の音楽監督に就任しました。

第9位
レナード・バーンスタイン ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

レナード・バーンスタイン ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

ギネス・ジョーンズ(ソプラノ)
ハンナ・シュヴァルツ(アルト)
ルネ・コロ(テノール)
クルト・モル(バス)
ウィーン国立歌劇場合唱団(合唱指揮:ノルベルト・バラチュ)

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
レナード・バーンスタイン(指揮)

1980年にレコード・アカデミー大賞も受賞した名全集を、ベートーヴェン生誕250年の記念の年に復刻盤として再リリースします。バーンスタインがヨーロッパに軸足を移し、ウィーン・フィルとDGレーベルへ本格的に録音を開始したのが、まさにベートーヴェンの作品群でした。
一足先の1977年4月にウィーン・フィルとのDG第1作目となるボーイトのメフィストフェーレから「天上のプロローグ」を収録した後、同じ年の9月に「運命」をライヴで録音。
この時、バーンスタインは59歳でした。この後、「フィデリオ」全曲含む一連の録音を行い、レコーディング史的にも世界的な評価を確立して行くことになります。
ウィーン国立歌劇場での1966年の「ファルスタッフ」で共演以来、バーンスタインにとってウィーン・フィルとウィーンの聴衆とは蜜月状態といってよいほど良好な関係を継続しました。
特に、1968年の「ばらの騎士」(1971年に再演し録音)の際の熱狂的な反応、映像で一部残されているマーラー演奏やザルツブルク音楽祭でのマーラー8番など話題性もあり、これから最大の牙城であるDGレーベルにいよいよ集中的に録音を開始する時期に当たります(しかしプライベートでは1978年6月に妻のフェシリアを亡くし、この後の演奏会やレコーディングが一時的に停滞)。
この全集は、強い精神力と豊かな音楽性を持ったバーンスタインの特質が、ベートーヴェンの偉大な作品を演奏することでウィーン・フィルという当時最高のオケを通して表出された作品であり、特に今回の高音質盤では、年月を経て今もなお、当時の想いが蘇ってくるかのような新鮮さを感じるでしょう。

第10位
ロジャー・ノリントン シュトゥットガルト放送交響楽団

ロジャー・ノリントン シュトゥットガルト放送交響楽団

カミラ・ニールンド (ソプラノ)、
イリス・ヴェルミリオン (アルト)
ヨナス・カウフマン (テノール)、
フランツ=ヨゼフ・ゼーリヒ (バス)
シュトゥットガルト・ゲッヒンゲン聖歌隊

シュトゥットガルト放送交響楽団
ロジャー・ノリントン (指揮)

録音:ライヴ録音: 2002年8-9月 リーダーハレ ベートーヴェンザール シュトゥットガルト、ドイツ

2002年にシュトゥットガルトで行われた、ノリントンとシュトゥットガルト放送響によるベートーヴェン・チクルスを収めた一連のアルバムが、たいへんお求めやすいBOXで登場します。

かなり速いテンポを基本とするアプローチですが、細部までおろそかにしない、とにかく丁寧な表現で、デュナーミクや歌いまわしにも独特のアイデアが満載。その美しさと爽快感は世界中の音楽ファンを魅了しました。第九のテノールにカウフマンが参加、マーチではその若々しい歌声を楽しむことが出来ます。
ナクソス・ジャパン

ベートーヴェンの交響曲は、全部で9曲あります。

どれから聴いてもいいですが、おすすめは、第3番"英雄"の第一楽章と第6番"田園"の第一楽章。

共にタイトルと言うか、標題はベートーヴェン自身が付けたもので、分かりやすいフレーズとわくわくする展開部を持っています。

僕は、小学生の時初めて第3番"英雄"の第一楽章の触りだけ聴いて、なんてカッコいい曲なんだろうとこの後の展開を想像してわくわくしたものです。

ぜひ、ベートーヴェンの交響曲の世界を楽しんでみてください。

 

ユニバーサル音源復刻 “VINTAGE SA-CD COLLECTION”第27弾!リヒターのマタイ、ベームのベートーヴェン、マゼールのブルックナー

 

   運営者

よしお 60才 横浜在住。クラシック音楽を聴き始めて50年。好きな作曲家は、もちろんベートーヴェン。聴き始めたころは、生誕200年としてお祭り騒ぎのようでしたが、今年の生誕250年は、コンサートが思うように開催できないので大人しいようです。このサイトでは、ベートーヴェンの交響曲をはじめ魅力的な楽曲の名盤をご案内して行きます。

2020年度 第58回「レコード・アカデミー賞」決定!受賞ディスク一覧

 

© 2021 ベートーヴェン 交響曲 おすすめ rss