『 NO MUSIC, NO LIFE. 』 タワーレコードの公式通販

ベートーヴェンの交響曲第1番は、ベートーヴェンが20代最後の年、1799年~翌年1800年に掛けて作曲されました。

初演は、1800年4月2日にウィーンのブルク劇場ででした。
そしてスヴェーテン男爵に献呈されました。

いまからちょうど220年前ですね。

1800年と言うと、ベートーヴェンは、故郷ボンからウィーンに移って8年目でした。
ベートーヴェンは、1770年の12月生まれなので、初演当時はまだ20代でした。

しかも自分にとっても初めての自主演奏会での発表した自身最初の交響曲だったのです。

20代半ばの1795年~96年に掛けて交響曲用の大量のスケッチを行い、様々なジャンルの創作を経て世に出した自信作でした。

同年に完成した最初の弦楽四重奏曲集作品18と共にと、後年楽聖と呼ばれるに相応しい創作群の幕開けを告げた作品であり年でもありました。

形式的には、まだハイドンやモーツァルトの交響曲を模範としていますが、満を持して発表しただけに、革新的な特徴も持ち合わせていました。

特にその特徴が顕著なのは、第一楽章の開始部です。俗に「誤った調」と呼ばれます。
それはヘ長調の属7和音で始め、主調のハ長調に入らずにうろうろする手法です。

これによって主部の開放感が増すのです。

いきなり先進性を打ち出したこの冒頭に、この交響曲という分野で勝負してやる、という意気込みと意欲が伺えます。

以下、全体的に転調が妙味を発揮して展開して行きます。
リズム変化に富んだ緩徐楽章、すでにスケルツォのイメージを持ったメヌエットといった各楽章の性格や管楽器用法も先人とは、一線を画するものでした。

なんといっても全体を貫く力強さはベートーヴェンならではの迫力があります。

おすすめCD 1960年代~70年代の全集から

『 NO MUSIC, NO LIFE. 』 タワーレコードの公式通販

 

カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1961年)

ケレン味たっぷりの内容で、第一番の中でも好演

ベートーヴェン: 交響曲全集 [5CD+Blu-ray Audio]<完全限定盤> ヘルベルト・フォン・カラヤン 、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

==============

セル指揮クリーヴランド交響楽団(1964年)

全体的にバランスの良く、各楽章も燃焼度も高い名演

ベートーヴェン: 交響曲全集 (2016年DSDリマスター) (SACDハイブリッド)<完全生産限定盤> ジョージ・セル 、 クリーヴランド管弦楽団

==============

シュミット=イッセルシュテット指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1968年)

ウィーンフィルのよさがフルに発揮され、おおらかでひびやかな演奏

『ベートーヴェン:交響曲全集(第1番-第9番《合唱》)(SA-CDハイブリッド)/ハンス・シュミット=イッセルシュテット、ウィーン・フィル、他』

==============

ケンペ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1972年)

堅固な構成力と雄弁さをもった演奏

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:ベートーヴェン交響曲全集、序曲集

==============

バーンスタイン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1978年)

熱い思入れが感じられる濃厚な演奏

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲全集・序曲集

==============

ヨッフム指揮ロンドン交響楽団(1978年)

落ち着いた味わいの充実した演奏

『オイゲン・ヨッフム(限定盤)』

==============

ブロムシュテット指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1979年)

正攻法でがっしりとして構成力をもった演奏

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲全集

   運営者

よしお 60才 横浜在住。クラシック音楽を聴き始めて50年。好きな作曲家は、もちろんベートーヴェン。聴き始めたころは、生誕200年としてお祭り騒ぎのようでしたが、今年の生誕250年は、コンサートが思うように開催できないので大人しいようです。このサイトでは、ベートーヴェンの交響曲をはじめ魅力的な楽曲の名盤をご案内して行きます。

© 2020 ベートーヴェン 交響曲 おすすめ rss